美容マッサージで艶のある髪を維持する。その秘訣を伝授する情報サイト

見た目の容姿には、肌とともに、髪が深くかかわっています

髪の寿命は平均4~6年と言われています。

「緑の黒髪」などと、女性の長い黒髪がよく紹介されますが、一般的に、髪は1年で15センチほど、伸びると言われています。
そして寿命は4~6年と言われており、長い黒髪もヘアケアをすれば、60~90センチまで伸びるわけです。
髪の寿命4~6年の間に、どのようなケアをすればよいのか。ひとつは、髪によいと言われる栄養素を摂取することです。
タンパク質でできている髪の毛には、良質なタンパク質が含まれている大豆製品がよいようです。
例えば、毎朝、豆乳を飲み続けるだけで、「髪が健康に保たれる」とも言われています。
大豆は、豆腐や湯葉、納豆など、日本人にとって、身近な食材です。
高タンパクな食材をバランスよくとれば、髪に与える栄養素を補うことができるでしょう。

髪によい魚介系栄養素

お年を召した方なら、髪に昆布や海藻類がよいということを聞いたことがあると思います。
確かに、魚介系の栄養素は、髪によい効果をもたらすと言われています。
その代表的な魚介は、牡蠣です。
海のミルクと言われます牡蠣には、アンチエイジング効果が期待でき、髪にもよい効果をもたらしてくれます。
特に、牡蠣に美容効果があると言われているのは、その栄養素に由来します。
牡蠣に含まれるタンパク質と亜鉛は、髪の生成に大きな役割を果たしています。
髪によい牡蠣の食べ方として、亜鉛を吸収しやすくするビタミンCと一緒に摂るのがよいようです。
レモンを絞って、生牡蠣やカキフライを食べるのは、亜鉛を吸収しやすくするために理に適っています。


シェアする

B!