美容マッサージで艶のある髪を維持する。その秘訣を伝授する情報サイト

若々しさの源は、内面から湧き上がるパワーだ

「歳のせい」と諦めない気持ち

歳とともに、「髪のボリュームがなくなってきた」、「地肌が見えるようになってきた」というような悩みは、年配の人なら、男女の区別なく抱えているものです。
髪は、遺伝的な要素で生まれつき細い髪とか、薄毛とかもありますが、やはり歳とともに、髪の毛の1本1本が細くなり、量が少なくなる。
それを「歳のせい」と諦めないで、髪によい栄養素を取りながら、気持ちを前向きに「髪のエイジングケア」に取り組んでいく気持ちを持ち続けることが大切です。
生活習慣の中に、髪のエイジングケアを妨げるものがあれば、積極的に取り除き、髪のケアによいと思われるものを取り入れる。
それだけのことですが、それを持続する精神的な強さが何よりも欠かせません。

相関関係がある美顔と髪

よく頭皮にトラブルがあると、顔のたるみなどの肌トラブルにつながるという相関が指摘されます。
頭皮が硬くなると、髪の抜け毛やパサつきなど、髪にいろいろな影響を与えます。頭皮が硬くなるのは、血液やリンパの流れが滞るからと言われています。
また、現代人は、紫外線やエアコンで、頭皮が乾燥してしまい頭皮に炎症が起こり、フケが増えてしまいます。
頭皮のトラブルを解消するには、頭皮の血流やリンパ液の循環を良くすることが重要です。
頭皮専用のオイルやローションを使ったマッサージが欠かせませんが、やはりリラクセーションをはじめとした専門の美容マッサージをほどこせば、艶のある、美しい髪のエイジングケアを手に入れることができるでしょう。


シェアする

B!